【約束のネバーランド】アニメのあらすじと感想!鬼とママから逃げる脱獄サスペンス!

スポンサーリンク

皆さんはもう「約束のネバーランド」を見ましたか?

この記事では、約束のネバーランドをまだ見たことない!どんなアニメ?と気になっている方のために、あらすじと感想を紹介し、その面白さを伝えたいと思います。

ストーリーの確信に迫るネタバレはありませんので見てない人も安心して読み進めてOKです。

どんなアニメかというと、「孤児院で育てられた子供たちが過酷な運命に抗う脱獄サスペンス!」です。

原作は少年ジャンプで、連載当初は異色な作品で超良作だと話題になりました。

頭のいい少年少女が知恵を出し合い、脱獄がバレないように情報を集め、腹を探り合い脱出のチャンスを狙う緊張感はたまりません。

1話1話がものすごくハラハラしっ放しで1度みたら続きが気になって仕方がない脱獄劇になっています。

スポンサーリンク

約束のネバーランドのあらすじ

(画像真ん中:エマ)

主人公である女の子のエマは、ハウスと呼ばれる孤児院で38人の子供たちと一緒に暮らしていました。

ハウスには子供たちのお世話をするママもおり、そこでの暮らしは何不自由ないものでした。

(画像:ママ)

孤児であるエマ、ノーマン、レイの3人は、ハウス史上初と言われるほどに勉強、運動、知能がズバ抜けていました。

中でもダントツの頭脳を持つ天才のノーマン。

ノーマンの知能と互角に渡り合うほど頭のよいキレ者のレイ。

抜群の運動神経と驚異的な学習能力でレイとノーマンに続くエマ。

物語はこの3人を中心にストーリーが展開していきます。


(左:ノーマン 中:エマ 右:レイ)

毎朝6時に鐘が鳴り、1日がスタートします。

子供たちの中でも最年長のエマは、面倒見がよく、小さい子供たちのお世話をしながら、騒がしくも明るく充実した生活を送っていました。

そして、将来孤児院から出たときに困らないように、ハウスでは毎日テストが行われていました。

どんなに難しい問題でもエマを含め、ノーマンとレイの3人はいつも100点満点です。

この毎日が当たり前、10年間もの間、いっさい疑うことがなかった日常の風景でした。

テストのあとは決まって、ハウスの広大な庭でかくれんぼや鬼ごっこをして遊んでいました。

ですが、ママから絶対に近づいてはいけないと言われていた場所が2つありました。

それが『外へと通じる門』と『森の柵の向こう側』です。

幼い頃から近づいてはいけないと教え込まれて育ってきた子供たちは、この事にそれほど疑問に思っていませんでしたが、1度だけエマとノーマンとレイの3人で門に近づいたことがありました。

門は鉄の柵で囲われており、先へはいけません。

その門を見て「一体何から僕らを守っているのだろう・・」と、ノーマンがつぶやきます。

ハウスでの暮らしは大人になるまで続くのではなく、12歳までに出ていくのがが当たり前でした。

ですが、先にハウスを出ていった子供たちは、不思議なことに誰1人として手紙の1つも送ってきません。

 

(画像:コニー)

そんなある日、6歳のコニーの里親が決定して、コニーがハウスを離れる日がやってきました。

みんなとお別れの挨拶をして、ママと2人でコニーは外へと通じる門へ歩いていきます。

しばらくしてから、コニーが大事にしていたうさぎのぬいぐるみを忘れていったことにエマが気が付きます。

エマとノーマンはぬいぐるみを届けに門へと向かい、コニーを追いかけるのですが、そこでとんでもないものを見てしまいます。

それは、無残にも殺されてしまったコニーの死体です。

続けてエマとノーマンはとんでもないものを目にしてしまいます。

自分たちとは全く姿かたちの違う者、そう、『鬼』です。

そこで2人は、「鬼は人間を食べるということ」、「コニーは食べられるために殺されたこと」、「今までの子たちは食料として出荷されたこと」、「自分たちが鬼の食料であること」、「そして・・ママは鬼側の人間で自分たちの敵であるということ」を知ってしまいました。

自分たちは食べられるためにハウスで育てられていることを知ったエマたちは、ママの目を盗み脱出計画をたてます。

約束のネバーランドの見どころ

ここからは約束のネバーランドの見どころを紹介していきます。

子供たちとママ(監視者)の心理戦

自分たちが鬼の食料であることを知っているのはエマとノーマンとレイの3人です。

3人は鬼から逃れるために脱出計画をたてますが、自分たちだけ逃げるわけにはいきません。

孤児全員で逃げられる計画をたてます。

その中には、まだ幼く落ち着きのない子や、すぐ泣き出してしまう子なども含まれます。

ですが、普段はママが子供たちをあの手この手で監視しています。

ママに脱出を気づかれ上層部に報告されれば即通報され、出荷となり殺されてしまいます。

監視の目が届かないところで、ハウスから完全に脱獄するには何が必要か、いつ計画を実行するかなどじっくり計画します。

普段と変わらない態度をとらなければママに気づかれてしまう、いやもう気づかれてしまっているかも?そんなドキドキ感がとてもリアルな緊張感を生み出します。

人間を食べる『鬼』の謎

人間を食べる『鬼』ですが、鬼とはそもそも何なのか?なぜ人間を食べるのか?その謎はまだ判明していません。

ですが、脱出計画を企てているうちに鬼と人間の関係性を表すメッセージが残されていることに気が付きます。

ストーリー中では脱出計画と平行してハウスの謎、鬼の謎も徐々に解き明かされていきます。

まとめ:サスペンス&ミステリーのクオリティがとても高い

約束のネバーランドの感想を一言で言うと、「サスペンスとミステリーの融合やばい!!面白い!!!」です。

週刊少年ジャンプの作品なので少年向けの大衆受けするような内容なんでしょ?と思っていた部分がありました。

ところが・・、サスペンスとミステリー要素がとても強くレベルの高い心理戦で、謎が謎を呼ぶ感じは本当に熱いです。

しっかりと作り込まれた内容は、伏線を含めて面白さ満点です!

ジャンプまんがならではの、「友情・努力・勝利」といった要素もしっかり入っています。

主人公のエマを含めて、子供たちは何事にも努力して成長し、仲間を信じてママや鬼と戦います。

普通のジャンプアニメだと思って見ると度肝を抜かれる面白さにびっくりしますよ!

是非見てみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました