【TARI TARI】あらすじと感想!魅力と見どころをどどんと紹介!青春一点突破のヒロイン成長ストーリー

スポンサーリンク

みなさんはもう「TARI TARI」を見ましたか?

この記事では、TARI TARIをまだ見たことない!どんなアニメ?と気になっている方のために、あらすじと感想を紹介し、その面白さを伝えたいと思います。

ネタバレはありませんので見てない人も安心して読み進めてOKです。

どんなアニメかと言うと、「高校の合唱部を舞台にした青春ものアニメ」です。

恋愛要素は全くないわけではありませんが、どちらかというと各ヒロインそれぞれの成長の物語というのがメインです。

高校生にとっては身近にある部活動ですが、そこでの青春を一点突破したような内容で心が熱くなれます!

TVアニメ「TARI TARI」PV第1弾
スポンサーリンク

TARI TARIのあらすじ

舞台は江の島の白浜坂高校です。

普通科のほかに音楽科があり、歌うことが好きな宮本来夏(みやもと こなつ)は、普通科ですが声楽部に所属していました。

しかし1年前、合同発表会でのとある出来事が原因で、舞台では歌わせてもらえず悩んでいました。

ある日、意を決してその事を顧問である教頭先生に伝えるのですが・・。

TARI TARIの登場人物

宮本 来夏(みやもと こなつ) CV.瀬戸 麻沙美

前向きで歌うことが大好きな性格です。

メインヒロインの1人で体格は小柄で貧乳です。笑

序盤は来夏視点でストーリーが展開され、合唱部を積極的に引っ張っていきます。

坂井 和奏(さかい わかな) CV.高垣 彩陽

以前は音楽科に在籍していましたが、母を亡くしたことで音楽から離れ普通科に転科します。

江の島にある土産物店の1人娘で、現在は父と猫と一緒に暮らしています。

沖田 紗羽(おきた さわ) CV.早見 沙織

弓道部に所属する男勝りな女の子で、実家は高校の近くにあるお寺です。

来夏ととても仲がよく一緒にいることが多いです。

サブレという馬を飼っていて、将来の夢は騎手になることです。

見どころはなんと言ってもヒロインの青春劇と合唱

最初は来夏を中心にストーリーが進んでいきますが、登場するメインヒロイン3人がそれぞれ悩みを持っていて、それを乗り越えていく様子はとても感動します。

とくに、和奏と母親とのエピソードや過去のトラウマを乗り越えて成長していくのは、個人的にものすごく心にグッと来るものがありました。

そんなヒロイン3人をまとめているのが合唱です。

合唱曲って不思議な魅力がありますよね?ボクも中学生の頃クラスで歌った合唱曲は、今でも歌えたりとかなり心に残っています。

大人数で分かれているわけではありませんがパートもしっかり分かれていているので合唱シーンも圧巻です。

まとめ:ヒロインの成長ストーリー

TARI TARIの感想を一言で言うと、「ヒロイン達が成長していく過程が熱い!まさに青春!」です。

今回「青春」というキーワードを多用して記事をかかせてもらいましたが、それくらいTHE青春といったアニメになっています。

合唱を通じて得られるものというのは本当に大きいと思います。

アニメでもそれは大きく描かれていて、作画のレベルも高くストーリーもとても面白いです。

青春を見たい、感じたい、思い出したい!という方にめちゃめちゃおすすめのアニメです!是非見てみて下さい!

おまけ:アニメ内で見ていた動画が実際にアップロードされている

TARI TARIはP.A.WORKS制作のオリジナルテレビアニメです。

2012年の7月1日から第1話が放送開始され、第2話は7月8日に放送されました。

第2話のアニメ内で来夏たちがパソコンで動画を見るシーンがあり、その動画はどうみてもニコニコ動画の画面でした。

実はその来夏たちが見ていた動画、実際にニコニコ動画に投稿されています。

それがこちら↓↓

ここで気になるのが投稿日ですよね?

この動画の投稿日は7月3日に投稿されています。

そう、つまり仕込みです。P.A.WORKSの遊び心が垣間見えました!笑

興味を持ったら是非見てみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました