【ナイツ&マジック】あらすじと感想!異世界・ロボット好きにはたまらないアニメ!

スポンサーリンク

皆さんはもう「ナイツ&マジック」を見ましたか?

この記事では、ナイツ&マジックをまだ見たことない!どんなアニメ?と気になっている方のために、あらすじと感想を紹介し、その面白さを伝えたいと思います。

大きなネタバレは一切ありませんので見てない人も安心して読み進めてOKです。

どんなアニメかというと、「凄腕プログラマーが異世界に転生して、ロボットを魔改造して無双する」という内容です。

今までにない「異世界とロボットの融合したアニメ」になっているので、ロボット好きにもたまらないアニメになっています!)

スポンサーリンク

ナイツ&マジックのあらすじ

TVアニメ『ナイツ&マジック』PV第1弾

(主人公:エル)

主人公(エル)は、凄腕プログラマーにして重度のロボットオタクです。

ある日、友人の身代わりとなり交通事故で亡くなってしまい、異世界へ飛ばされてしまいます。

記憶はそのままでしたが、なぜか幼い見た目に変わってしまいます・・・。

「見た目は子供、頭脳は大人」どこかで聞いたことのある状況です。笑

異世界には、魔獣と戦うための巨大ロボット(シルエットナイト)が多数存在していました。

シルエットナイトをどうしても自分で動かしたいと思ったエルは、パイロットであるナイトランナーを目指すために、異世界の学校に入学します。

そこで、エルはロボットオタクの知識と、プログラマーの経験を活かし、自分のための理想のシルエットナイトを作り上げていきます。

ナイツ&マジックの見どころ

エルの深い知識と奇抜な発想力

エルはロボットが動く仕組みを見て、「プログラムととても似ている」と思い、そこからオリジナルの仕組みを作り上げてしまいます。

その仕組みがとてもすごく、異世界には全くない発想で、周りの人間も学園長も、国王でさえも圧倒され、見ていてとても手に汗握ります。

シルエットナイトの動く仕組みは、過去1000年大きな変化はなかったらしく、「過去1000年の歴史が~」なんて言ってるシーンもあり印象に残っています。笑

エルのおかげで、どんどん新しく改良されるシルエットナイトですが、その影響力はやがて他国にも広がっていきます。

エルのロボットに対する真っ直ぐな思い

異世界に転生する前にエルが後悔していることは、家族のことでもなく、恋人のことでもありません。

プラモデルが組み立てられなかったことに後悔していました。

それくらいロボットが大好きなのです。

そして転生後は、かつての後悔を晴らすかのようにシルエットナイトに熱意を向けていきます。

アニメの始めから、終盤まで戦う目的も変わらず、思いを貫いているところもとても熱いです。

ロボットがかっこいい

ロボットがメインのアニメなので、ロボットのかっこよさはとても大事です。

ロボットの堂々とした姿や細かな動き、敵に破壊されそうになった時に、むき出しになる配線などどこをとっても素晴らしい作画になっています。

まとめ

ナイツ&マジックの感想を一言で言うと、「ロボット好きにはたまらない、男のロマンが詰まったアニメ」です。

エルのロボットに対する考えは、ロボット好きでなくても共感できると思います。

とにかく男のロマンが詰まっています。

エルのセリフで「僕の魂であるロボットが、この世界の中心で居続けられなくなる!」ってところは、こんなシンプルな理由のために命をかけて戦っていると思うと最高にしびれます。笑

ロボットに詳しくないボクでもスッと世界観に入り込めてめちゃめちゃ面白かったです。

異世界好きでもロボット好きでも楽しめるアニメになっているので是非見てみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました