【じょしらく】あらすじと感想!魅力と見どころをどどんと紹介!ブラックユーモアが楽しめる日常アニメ!

スポンサーリンク

皆さんはもう「じょしらく」を見ましたか?

この記事では、じょしらくをまだ見たことない!どんなアニメ?と気になっている方のために、あらすじと感想を紹介し、その面白さを伝えたいと思います。

ネタバレはありませんので見てない人も安心して読み進めてOKです。

どんなアニメかというと、「5人の女子落語家のどうでもいい日常会話から始まる壮大な展開が楽しめる」新感覚ゆる系アニメです。

ギャグが楽しめる日常系アニメとも言えますね。

落語の締めである「おあとがよろしようで」から始まる一風変わった楽屋トークが落語を全く知らなくても楽しむことができますよ!

スポンサーリンク

じょしらくのあらすじ

物語はいつも落語の出番を終えた落語家ガールズが5人集まって楽屋で一息ついてるところから始まり、1話完結で構成されています。

誰かが日常に感じた何気ない疑問やどうでもいい一言をつぶやくと、そのことについてみんなで真剣に考え始めます。

話はどんどん面白い方向へ転がっていき、やがて収拾がつかない大きさになっていきます。

じょしらくの主な登場人物

蕪羅亭 魔梨威(ぶらってぃ まりぃ)

ロングヘアーの先をりぼんで縛った姿が特徴で、割と美人で通称マリーさんと呼ばれています。

ツッコミ役で普段はサバサバとしていて女の子らしいというよりは、お兄さんっぽくて喋り方は江戸っ子です。

どんなボケにもツッコめる引き出しを持つだけでなく、いじられキャラとしても地位を確立しています。

1話ではいきなり着物を脱がされてしまったり、おしりのアザや幼児体型をネタにされるという痛い扱いを受けています。笑

防波亭 手寅(ぼうはてい てとら)

黄色い着物でポニーテールが特徴で、ノリが良くメンバーの中では常識人のポジションです。

話のつなぎがうまく、暴走しがちな他のメンバーのブレーキ役でもあります。

ちなみに名前の由来は、防波堤とテトラポッドです。また、無意識に自分に降りかかる危険を回避する能力と、いくら食べても太らない体質を持っています。

波浪浮亭 木胡桃(はろうきてぃ きぐるみ)

金髪セミロングの大きな目でアホ毛があります。

名前の由来はハローキティと着ぐるみで、他のメンバーからは「キグ」とか「キグちゃん」と呼ばれています。

メンバー内では1番の後輩で、音楽が趣味なのだそう。しかも、めちゃめちゃ幅が広く、デスメタルからクラシックまで何でも聴きます。

内心では不満を容赦なく毒づいたりする攻撃的な一面があります。

空琉美遊亭 丸京(くうるびゅうてぃ がんきょう)

名前の由来はクールビューティーとメガネからきています。

話の導入や繋ぎ、展開、オチを担当しており、まさにオールラウンダーです。

そのため、アニメでも登場シーンは多く万能キャラとなっています。

腕っぷしが強く、マリーと喧嘩しても楽々ねじ伏せてしまったりと、アニメの公式サイトでも「暴力メガネ」と言われてしまうほどです。笑

手寅とは幼馴染で彼女のことを「テト」と呼んでいます。

暗落亭 苦来(あんらくてい くくる)

腰まである長い黒髪に、2本に分かれた前髪が特徴になっています。

外見は小柄で、物静かそうな見た目通りものすごく暗い子です。

好きな方向は下で、下を見るのが好きなのだそう。

引きこもりというわけではなく、メンバーとお出かけする時はツインテールやポニーテールにすることもあります。かわいいです。

ひとたびスイッチが入ると自分の世界に入り込んでマイナス発言をしまくったり、唐突にテンションが上ったりと浮き沈みの激しい性格をしています。笑

じょしらくの魅力・見どころ

 

ブラックユーモアやパロディが多め

じょしらくと言えばブラックユーモア、パロディが特徴のアニメです。

人によっては苦手と思う方もいるかもしれませんが、ハマる人はハマると思います。

ボク自身、元々ブラックユーモアが好きという訳ではありませんでしたが、じょしらくのブラックユーモアはなんというかクセになってしまうんですよね。笑

ネタバレにならない範囲で紹介していきます!

けいおん!を思わせるかのようなワンシーン

さらに・・

容赦ないモザイクです。

しかし、何かは分かってしまいますよね。笑

この喧嘩を売る感じ、嫌いじゃないです!笑

1話で脱がされてしまったマリーさんです。笑

日常会話があらぬ方向へ

じょしらくというタイトルは「女子落語家」の略ですが、落語はほとんど出てきません。笑

落語が終わってから楽屋でみんなでお話というのが基本スタンスです。

そこでは女子トークならぬ、じょしらくトークが炸裂して日常会話があらぬ方向へあっちこっち飛んでいってしまいます。

おしゃべりに関しては、落語というより漫才やコントを見ているような感覚になります。

キャラも役割がしっかりしていてめちゃめちゃ面白いですよ!

まとめ:ブラックユーモア・パロディ好きにはたまらない

じょしらくの感想を一言で言うと、「いろいろと酷かったけど、終始笑ってしまうアニメ」です!笑

アニメ1話の冒頭に「※このアニメは女の子の可愛さをお楽しみにいただくため、邪魔にならない程度の差し障りのない会話をお楽しみいただく番組です」と流れます。

これが流れた瞬間にボクはじょしらくにハマってしまったのかもしれません。

日常系のギャグアニメはこういう感じだと思いますが、あえて言ってしまうところに惹かれてしまいました。笑

ブラックユーモアやパロディが、清々しすぎて日頃の疲れが吹っ飛んでしまいした。

個人的にですがマリーさんが可愛いです。推しです。

最高のいじられキャラで江戸っ子口調なのもポイント高いです。

是非見てみて下さい!

では、おあとがよろしいようで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました