【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ】あらすじと感想!アニメで見た方が断然面白い!

スポンサーリンク

皆さんはもう「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか?Ⅱ」通称:ダンまちを見ましたか?

この記事では、ダンまちをまだ見たことない!どんなアニメ?と気になっている方のために、あらすじと感想を紹介し、その面白さを伝えたいと思います。

ネタバレは一切ありませんので見てない人も安心して読み進めてOKです。

どんなアニメかというと、「タイトルとは裏腹に胸が熱くなるような王道のストーリー展開」が楽しめるアニメです!

「レベル」や「ステータス」といった形で、冒険者もそれぞれランク付けされていたりするので、そういったのが好きな方はめちゃめちゃハマると思います!

この記事では、2期の魅力をメインに伝えていくので、1期をまだ見ていない人は先に1期を見たほうが、2期は断然楽しめると思います!

スポンサーリンク

ダン待ちのあらすじ

(画像左:ヘスティア 右:ベル)

「ダンジョン」と呼ばれる、巨大都市オラリオの壮大な地下迷宮がこのアニメの舞台となっています。

オラリオには、強さを求める冒険者の他に、人々に様々な恩恵を与える「神」が多く集まっています。

この世界では、モンスターと戦う冒険者は「神」が運営する「ファミリア」と呼ばれるグループに所属する事が必須条件になっています。

主人公のベルが冒険者になろうとしていた所に、手を差し伸べたのが神ヘスティアです。

発足して間もない「ヘスティア・ファミリア」で冒険をすることになったベルは、レベル1でステータスも低く、自身の戦いの技量もないので、戦闘では苦戦します。

(画像左:ヴェルフ 右:リリ)

冒険にも慣れてきた頃、ベルはリリとヴェルフを仲間にします。

そこからさらにいろいろな人に出会い、恋をして、仲間と助け合いながら成長していくのですが・・。

ここまでが1期のあらすじになっています。

戦争遊戯(ウォーゲーム)編

(画像左:アポロン)

オラリオが始まって以来、過去最短でレベル2にランクアップしたベルは、妬みや嫉妬から、他の冒険者から注目の的になります。

注目するのは、冒険者だけでなく神も同じです。

そんな中、ベルはアポロンファミリアに目を付けられてしまい、小さな因縁がファミリア同士の総力戦、「戦争遊戯(ウォーゲーム)」まで発展してしまいます。

ファミリア同士の総力戦といってもヘスティア・ファミリアはベル1人しか団員がいません。

途方に暮れるベルとヘスティアですが、リリとヴェルフ、そしてタケミカヅチファミリアのヤマト、さらにリューが助太刀に現れます。

それでも圧倒的な人数差は埋まりません。

果たして、ヘスティアファミリアvsアポロンファミリアの決着はどうなるのでしょう?

春姫救出編

(画像:春姫)

レベル3へとランクアップしたベルは、新たにファミリアの本拠地(ホーム)を手に入れました。

そんな中、神ヘルメスにそそのかされベルはイシュタルが支配する歓楽街を訪れてしまいます。

そこでベルはイシュタルファミリアの少女、春姫と出会います。

春姫は仲間の幼馴染で、極東の貴族の女の子です。

しかも春姫は、冒険者のレベルを1つアップさせる特殊魔法、「ウチデノコヅチ」を保有しています。

神イシュタルが企んでいる計画が、春姫の精神を犠牲にするものだと知ったベルは、イシュタルファミリアから春姫を助けたいと救出を決意します。

ダンまちの魅力:胸熱の王道ストーリー

冒頭でも軽く触れましたが、ダンまち最大の魅力はやっぱり、「剣と魔法でダンジョンを攻略する胸が熱くなるようなストーリー展開」にあると思います!

ヒロインとの出会いで急成長

アニメのタイトルでもある「出会い」ですが、ベルが経験する出会いのうち、もっとも重要な出会いの1つが、第一級冒険者アイズ・ヴァレンシュタインとの出会いです。

1期では、ミノタウロスに追われて逃げ込んだ先が行き止まりで、絶体絶命のピンチだったところをアイズが助けます。

ミノタウロスを一瞬で切り捨てて「大丈夫ですか?」と首をかしげるアイズの姿に、ベルはいろいろな意味で憧れを抱きます。

1期ではアイズへの憧れがベルを大きく成長させましたが、2期では戦争遊戯編でアポロンファミリアに勝つために、対人戦を叩き込んでくれます。

息つく暇もない緊迫した戦闘シーン

ダンまちを語る上で外せないのがやっぱり1期でのベルとミノタウロスとの戦闘シーンでしょう。

1話と同じくベルのピンチにアイズが駆けつけますが、ベルは男としてのプライドを持ってこの助けを拒否して1人でミノタウロスと戦います。

このシチュエーションだけでも激アツ展開なのですが、それだけには留まりません。

飛び散る血しぶきや汗、興奮したミノタウロスが垂らすよだれなどが細かに描かれています。

映像だけでなく、ミノタウロスの一撃の重さをひしひしと感じさせる剣撃の音や、戦闘シーンの緩急をしっかり表現したBGMなど、音の方にもこだわりが感じられました。

2期でも戦争遊戯編と春姫救出戦と分かれていますが、どちらもベルの死闘を見ることができます。

対モンスターではなく対人戦になるので、そこでも心理戦でのやりとりなどものすごい熱い展開になっているので是非見て欲しいです!

春姫・ヘスティアとの恋の行方は・・?

2期で新たなヒロインキャラ、春姫が登場します。

ベルと春姫は思い描く英雄像が似ていることで、お互いに共感を覚えます。

春姫はベルに助けられることで、ベルに心が惹かれていきます。

また、神ヘスティアもベルに想いを寄せているのですが、神の寿命は普通の人間よりも遥かに長いのです。

同じ時間を過ごすことができないことで、ヘスティアの気持ちをベルは正面から受け止めることができません。

2期の最終話では、そういったヘスティアの気持ちにも触れていくので最後の最後まで目が話せないアニメです。

そういった登場人物の細かな感情が描かれているのも、このアニメの魅力の1つだと思います。

まとめ:めちゃめちゃおすすめできます!

ダンまち2期の感想を一言で言うと、「期待通り!戦闘シーン熱くてめっちゃおもしろい!!!」です。

タイトルが長いだけで、回れ右をしてしまう方でも、ホントに1度見てもらいたいです。

1期もそうでしたが、2期も最後まで目が離せない展開になっていて、戦闘シーンは手に汗握るって感じでめちゃめちゃ興奮できます!笑

このアニメの魅力をまとめると、

  • ベルがだんだん成長していく過程を応援したくなる
  • 息つく暇もない激熱な戦闘シーン
  • 恋の行方がすごく気になる

3期も既に決定していて、2020年7月放送予定だそうです。

それまでには絶対に2期までは見てもらいたいです。

1期に引き続き2期も熱い展開だったダンまち、3期はこれまで以上に熱い展開になるらしいので今から既にめちゃめちゃ楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました